WordPress初心者が有料テーマ使うべき理由とオススメ有料テーマ3選

おすすめワードプレステーマ

The following two tabs change content below.
ころりん
ネット副業に勤しむアラフォー会社員。アフィリエイト歴2年、数々の情報商材で学んだ元ノウハウコレクター。 趣味はデジタル一眼レフとブログ作り。 ⇒詳しいプロフィール

ネット副業で安月給の悩みを解消したアラフォー会社員のころりんです。

ワードプレスを運営していると、どうしても悩んでしまうのがテンプレートをどうするか?ってことです。

自分で作れればいいけど、PHPはわからないしCSSはさっぱりだし…。

ワードプレスはその点、無料のテンプレートが豊富に存在するのが魅力的ですよね。

でも、もしブログで稼ぎたい!っていうのであれば、ある程度テンプレートはこだわって欲しいなというのが本当のところ。

僕はワードプレス初心者の方には、是非有料のテンプレートを使うことをオススメしています。

今回はなぜ有料のテンプレートが良いのか?という点と、オススメ有料テンプレートについてお話します。

ワードプレスのテンプレートはなぜ有料の方が優れているのか?

デザイン面

僕はワードプレスでブログを始めたときは無料のテンプレートを使っていました。

でも、無料故にシンプルすぎるデザインが多いんです。

使っている人も多いですし、「色が違うだけじゃね?」みたいな^^;

その点、有料テンプレートは有料故にプロのデザイナーがデザインしているので、圧倒的なデザイン力を誇ります。

例えばこのブログは、TCDの有料のテンプレートを使っていますが、無料のテンプレートでこのクオリティはまずないです。

よく「自分でカスタマイズされてるんですか?」という質問を頂きますが、実は僕、未だにPHPやらHTMLやらCSSの知識はありません。

TCD専用の設定項目に入力しただけでこのデザインが出来てしまいました。

テンプレートを購入して1時間くらいの作業だったと記憶しています。

デザインの仕方を勉強するよりも、記事を書くのが本分だと思いますので、デザインは有料テンプレートに任せて自分は記事を書くっていうのが理想だと思いますね。

内部SEO対策について

SEOというのはかなり複雑で、検索順位を決める重要な要素は40項目近くあるって言われています。

下の画像は、海外のSEOサイトの大御所、「Search Engine Land」に載っている資料です。

SEOの重要な要素

項目の中に、HTMLという要素がありますね。

これは、「HTMLの構成はどうなっているか?」をGoogleは見ている、ということを意味します。

ブログってワードプレスはもちろん、無料ブログも基本的にはHTMLなんか知らなくても記事を書くことって出来ますよね?

それは、ブログのテーマが勝手にHTMLを構成してくれているからなのです。

このHTMLの構成がグチャグチャなテンプレートを使ってしまうと、Googleにグチャグチャな構成のまま伝えてしまうことになります。

実は無料ブログのテンプレートって、このHTMLの構成があまりよろしくないものが多いです。

例えば見出しタグの構成。

見出しタグっていうのは

  • h1
  • h2
  • h3
  • h4
  • h5

という具合に、上から順に重要な要素だとみなされます。

極端に構成の悪い例だと、h2が日付でh3がタイトルになっているものがあったりします。

Googleはタイトルよりも日付のほうが重要だと判断してしまうわけです。

ワードプレスのテンプレートにもHTMLの構成がよろしくないものがあったりします。

ここまで極端なものはありませんが、無料のテンプレートなんかはそうですね。

全部がそうだとは言いませんが、やっぱりSEOに精通しているプロが構成した有料のテンプレートに比べられるわけもなく…。

無料には無料の訳がありますからね^^

HTMLの構成がよろしくないテンプレートで記事を書き続けていけば、それだけHTML的には構成の悪い記事が量産されていきます。

ブログテンプレートが構成するHTMLに内部的に依存しているわけですから。

だからこそ、SEOのような重要な要素がしっかりしている有料テンプレートにするべきだと僕は思います。

しっかりとした内部SEO対策がなされているテンプレートであれば、後は記事の執筆に専念するだけでいいっていうのは大きいと思いますよ。

オススメ有料テンプレート3選

それでは僕が実際に買ったことがある有料テンプレートをご紹介しますね。

DigiPress

DigiPressテンプレート一覧をみる

圧倒的なデザイン力が魅力のDigiPress。

完全に一目惚れして買った訳ですが、使い勝手も抜群です。

DigiPress専用の設定項目が追加され、そこを設定するだけで、デモサイトのようなデザインが出来上がります。

デメリットはライセンス式なことと、拡張機能を別途購入する必要があること。

2つのサイトで使いたければ、2ライセンス購入する必要があります。

DigiPressのレビューはこちら

TCD

WordPressテーマ「ANGEL(TCD047)」

販売ページはこちら

現在使用中なのが、TCDのテンプレートです。

デザインはご覧の通りで、デザイン面は文句なしです。

こちらも専用の設定項目に設定するだけでこのブログのようなデザインが出来上がります。

TCDは専用フォーラムも充実しているので、カスタマイズしたければフォーラムで質問するっていうのも手ですね。

また、DigiPressと違い、完全買い切り方式なのも好感が持てます。

一度購入すれば何サイトでも利用可能です。

TCDのレビューはこちら

賢威


販売ページはこちら

アフィリエイターなら持っていない人はいないと言うほど、アチラコチラのサイトで賢威が使われていますね。

デザインはどちらかと言えばシンプルで好みが分かれるかと思いますが、賢威が優れている点は、SEOに強いという点。

先ほど内部SEO対策について説明しましたが、賢威の内部SEO対策はトップクラスです。

HTMLの構文が優れていて、検索上位を目指すアフィリエイターたちが挙って使う理由でもあります。

デメリットは、カスタマイズが難解な点。

正直、多少の専門知識がないとカスタマイズは手こずるんじゃないかと思います。

でも賢威はフォーラムが充実していて、利用者も多いので、わからないところはフォーラムにすでにあるか、質問すれば必ず教えてくられるはずです。

トップアフィリエイターを目指すなら持っておい損はありません。

賢威のレビューはこちら

まとめ

ブログを運営するのに1番大切なことは、記事を書くことです。

デザインや内部SEO対策に追われて、記事が書く時間が取れない!

なんてことになったら本末転倒ですからね。

ご紹介したテンプレートは、フォーラムもサポートも充実していますので、デザインや内部SEO対策はテンプレートに任せてガンガン記事を書いていきましょう。

ではでは^^

関連記事一覧

アーカイブ

カテゴリー

検索