ネットビジネスで大きく稼ぐには何をするべきか

初心者の方へ

The following two tabs change content below.
ころりん
ネット副業に勤しむアラフォー会社員。アフィリエイト歴2年、数々の情報商材で学んだ元ノウハウコレクター。 趣味はデジタル一眼レフとブログ作り。 ⇒詳しいプロフィール

前回の記事はこちらです。
↓↓ ↓↓

アフィリエイトは、世間的には「ちょっとしたお小遣い稼ぎ」というイメージがありますよね。

ところが、実はアフィリエイトに限らずネットビジネスの可能性というのはもっと大きく、この業界には月に100万円とか稼いでいる人がゴロゴロいたりします。

それだけ稼げれば、ネットビジネス一本で生活することは充分可能ですよね。

毎日満員電車ですし詰めにされる必要もありませんし、嫌いな上司に媚を売る必要もなくなります。

つまり、自由な人生が手に入るということです。

そんなこと本当に可能なの?と思ったかもしれませんね。

今回は、月に100万円とか稼いでいる人は一体何をやっているのか?

というお話しをしたいと思います。

最も簡単に収入を増やす方法

先ずはじめに、

どうすれば報酬を上げることが出来るのか?

ということを説明します。

初心者がもっとも稼ぎやすい方法としては、楽天やアマゾンで売られている商品をアフィリエイトする、という手法が一般的です。

楽天やアマゾンで販売されているものは何でもアフィリエイトできるので、商品の選択肢が無限にあるというのがメリットです。

そして、楽天やアマゾンという誰もが知っているショッピングサイトだからこその安心感から、初心者であっても稼ぎやすいのも大きなメリットです。

しかし、それを上回る大きなデメリットがあります。

それは、報酬単価が安い、ということです。

報酬単価は平均1%〜3%。

アマゾンは、どれだけ高額な商品が売れても、報酬の上限は1件1000円と決められています。

この条件下で大きく稼ぐためには、膨大な量の商品を売らなければならないのです。

故に月に100万円稼ごうと思ったら、それこそブラック企業も真っ青の作業量をこなす必要が出てきます。

それだけのアクセスと、膨大なアクセスを集められるだけの記事量が必要になりますからね。

じゃあこの負担をどうすればいいのか?と言えば、

キャッシュポイントの単価を上げることで簡単に解決できます。

つまり、月に100万円稼ぐ人はほぼ例外なく高単価の商品をアフィリエイトしているということです。

その高単価な商品が情報商材と呼ばれるものです。

情報商材は一件売れれば1万円

情報商材は商品自体の単価が高い上に、アフィリエイターへの報酬率も50%〜80%と非常に高いのが特徴です。

その理由は、情報商材は主にPDFなどのファイルを商品にしているため、商品を製造するコストや、在庫を抱えるコストがかからないから。

さらに商品の広告費を自分の商材を紹介してくれるアフィリエイターに充てられるため、報酬率が異常に高いというのもあります。。

例えば2万円の商材で報酬率が50%なら、アフィリエイターが得られる報酬は1万円です。

月に1件売れれば月収1万円。

1日に1件売れれば月収30万円。

人生を変え得る金額が月収100万円だとしたら、報酬額1万円の商品を1日に3個売れば達成できますね。

果たしてこれって、才能がないとできないことですかね?

極限られた一部の天才にしか果たし得ない壮大な目標でしょうか?

僕にはそうは思えないし、正しい戦略、知識を学べば誰にでも達成できる目標だと思っています。

正しい戦略、と知識を学ぶこと

先ほど「誰にでも達成できる目標」と言いましたが、ここに「いきなり」たどり着くのは極めて困難です。

高い商品を売るにはそれなりの知識、経験、テクニックが必要になってくるからです。

現にネットビジネス経験ゼロの人が初っぱなから情報商材アフィリエイトを始めて、1年かかっても1件も売れない、なんて人は結構います。

なので、初心者の方はまずは正しい戦略や知識を学ぶことが重要になってきます。

独学で稼げるほど甘い世界ではないのです。

学びを面倒くさがって勝手に突っ走って行く人もいますが、彼らは例外なく明後日の方向に向かっています。

かつての僕のように。

ビジネスで成功するには、もちろん行動が1番重要な要素です。

しかし、中身を伴わない行動もまた意味のないものだ、ということも是非知っておいてください。

次の記事はこちらです。
↓↓ ↓↓

PS.
お勧めのノウハウ一覧はこちらです。
情報商材・ツールお勧め一覧

関連記事一覧

アーカイブ

カテゴリー

検索